2007年05月19日

春巻 パリッと揚げレシピ

春巻レシピどおり作ったにもかかわらず、時間がたつと春巻の皮がシナシナになってしまいどうしたら、時間がたっても春巻のかわがパリッとした状態のままに作れるでしょうか。

その秘密は最初に春巻を投入するときの油の温度の違いにあります。皮がシナシナになるのは春巻を投入する時の温度がおよそ170℃,これは多くの春巻のレシピでは教えていませんが、(大抵は油で揚げるになっています)これでは時間がたつとシナシナになってしまいます。

時間がたってもパリッとしたままになる作り方は、揚げはじめの油の温度が100℃で、底から徐々に15分ぐらい時間をかけて170℃になるまで加熱するというものです。このちょっとした違いによって、時間がたってもパリパリの春巻を美味しく頂くことができます。時間があまりなくてできたてのをすぐに食べたい場合は、春巻のレシピ通り作って、熱々のまま頂くことができます。

さらに「ためしてガッテン」でやっていた、手間をかけないで簡単にパリパリの春巻を作る方法があります。ただし、ガッテン流の春巻のレシピ通りやらないと「手間をかけないパリパリの春巻」ができないようです。作り方は簡単です。

材料 (10本分)
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・1リットル
春巻きの皮(市販のもの)・・・・・・・ 10枚
豚薄肉・・・・・・・・・・・・・・・・ 50グラム
しいたけ・・・・・・・・・・・・・・・ 中1枚
白菜・・・・・・・・・・・・・・・・・ 150グラム
たけのこ水煮・・・・・・・・・・・・・ 60グラム
しょうが 1かけ
塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小さじ2(お好みで)
片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

作り方
豚肉や野菜(しいたけ、白菜、たけのこ、しょうが)などの材料を細切りにし、塩で味付け。その後、片栗粉を全体にまぶす。
できた具を30グラムずつに分け、皮で巻く。


●ポイント ●
揚げ始めの温度は180℃。そこへ10本一気に春巻きを投入すると温度は140℃まで低下。その後中火で8分、強火2分で調理をすれば、パリパリの春巻きのできあがりです。

※具を入れすぎないように注意!
※コンロは火の小さい方の標準バーナーをお使い下さい!

それではパリパリ感のある簡単でおいしい春巻を召し上がれ。


posted by ハルレシ at 07:06| 春巻レシピ